残債をゼロにする

ゼロ和解とは、残債をゼロにする事をもってこの話を終わらせようという申し出です。
取引履歴が開示される前にそれを受け入れると、過払い分がいくらあるのか不確かなままに終わります。
無考えにゼロ和解を受け入れるのは損失を生むことにつながりかねません。
銀行や信販会社等が保有している個人信用情報には、債務整理をしたという履歴が残ることはご存知でしょう。
その事実は時々、就職や転職に響いてくることもあります。
例えば金融業界など、個人信用情報を閲覧できる会社に就職を希望している場合は、少々不利かもしれません。
もし債務整理後にしっかり完済していたとしても、ときにはその経歴に不審を持たれ、不採用につながる可能性が高いです。
どう対処するかは会社によって違うでしょうから、自分の手に負える話ではありません。
当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。
例えば、JICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。
これは「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、長期間、審査が必要な金融機関のサービスを受けることができないでしょう。
債務整理の場合、信用情報機関からデータが消されるまでおおよそ5年は見ておく必要があります。
成功報酬に充てるべく債務整理中に弁護士等に指定された口座に貯めていた積立金は、報酬や経費を払って余った分は当然ながら依頼者の元に戻ってきます。
それなりの額を積み立てるのは大変かもしれませんが、成功報酬の分割払いを前倒しするだけですし、手続き期間中に本来は返済するはずだったお金をムダ遣いせずに済むという利点があります。


コメントは受け付けていません。