家族に知られずに債務整理

家族に知られずに債務整理ができるかどうかというと難易度は方法次第です。
任意整理に限っては自分で全手続きを行おうとしなければ大抵は家族にばれずに済むでしょう。
けれども、個人再生や自己破産の手続きでは、世帯収入や資産の公開が必要となることから、ずっと隠しておこうとすると簡単ではないでしょう。
勤務先については、債務整理の方法に何を選ぼうと隠しておけます。
借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も返済に困ったら債務整理をすることは不可能ではありません。
とは言え、任意整理や個人再生といった支払総額が減るに留まり返済義務は依然としてある方法に限られます。
自己破産では抱えた借金全てをなかったことにできますが、借金がギャンブルで生じたものだと免責不許可事由に定められているので、破産の申立を裁判所に行ったとしても免責されにくいでしょう。取扱実績は最近では減っているものの、特定調停と言われる債務整理の手続きがあります。
簡単にいうと、返済中の借入先に対し過払い金が生じている時に効果を発揮する債務整理です。
計算したときに過払い金の方が多いときは、実は特定調停の場では返金要求は不可能ですので、あとから請求を行います。


コメントは受け付けていません。