自己破産についての規則

破産法は自己破産についての規則ですが、そこにも租税請求権が免責されない債権であることが書かれています。
国民の三大義務でもある納税義務ですから、自己破産に至っても放免されるものではありません。
けれども、訳を話して役所で分納を打診する事はできなくはないでしょう。
カードローンはお金が足りなくなった時の助けになります。
でも、使い方を誤ると返済できなくなるかもしれません。
返済不可能なまでに借金がかさんだ場合には、債務整理を検討してください。
自己破産や個人再生などを行うことで、裁判所を通して債務の減額が許可されるでしょう。
ですから、借金返済の負担が軽減し、借金地獄から抜け出すことができるでしょう。
債務整理は膨らんだ借金を整理するのに有効な手段ですが、クレジットカードの更新日から利用ができなくなるかもしれません。
債務整理をすると、信用情報機関に個人情報と共に事故歴が保存されてしまい、クレジット会社もこの情報を元に更新不可と判断するためです。
更新日を迎えずとも、利用不可能になる可能性もあるので、クレジットカードを使って引き落としているのならば、あらかじめ別の手段を考えておきましょう。
現職の公務員が債務整理の手続きをすると、職場に知られることは必至だと考えている人は意外と多いものです。
しかしそれは間違いです。


コメントは受け付けていません。