決済日に返済できない

決済日に返済できないでいると、その旨の連絡が借入先から来るはずです。
その際、いつ支払うかを約束すれば、相手から二度と連絡が来ることはないはずです。
けれども、期日を過ぎても入金がないとまた借入先から督促の連絡が入るようになり、やがて訴訟に発展する可能性もあります。
どのように頑張ってみても返済が不可能なときは、弁護士等に債務整理を依頼すれば、返済猶予の期間ができますし、取立てもなくなります。
債務整理をすると本人はブラックリストに登録されますが、家族にとっては、さほどマイナスにはならないでしょう。
もし、家族の中で債務整理をした人がいたとしても、ブラックになるのは本人に限った話ですから、家族は今までのように、ローンを組んだりクレジットカードを利用することもできます。
とはいえ、そうとは限らない場合があります。
もしも家族の中に保証人がいるという場合は、家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、気を付けてください。
任意整理や裁判所を通す自己破産や個人再生などは、やろうと思えば債務者本人でも可能ですが、現実には無理だとしか言えません。
仮に任意整理を自分でしようと思っても、借りた側が貸した側に借金の減額を求めるのですから、拒絶は目に見えていますし、個人再生のように判断が裁判所に委ねられているものは、申立書はもちろん再生計画案などの書類作成から計算までを一人でやるわけです。
また、自己破産は免責決定を受けなければ意味がないのですが、素人の作成した書類がはたして通るでしょうか。
結局、債務整理をしたいと思ったら法務事務所や法律事務所に依頼するのが一番です。


コメントは受け付けていません。