勤めていた会社が倒産

以前、借金地獄に陥り、数百万の借金を抱えたことがあります。
勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。
当時は不況で、新たな職場も見つけられず、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。
その後、しばらくして無事に再就職しましたが、借金は減るどころか滞納状態が続いたため、結果的に債務整理で借金を処分しました。
今は安定した生活を送れていますから、あの時債務整理の決断をして良かったと思っています。
債務整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。
その差というのは、元金が減額されることがあるかないかです。
任意整理の場合は債権者と債務者が相談し将来利息を免除して返済総額が決められ、各月の支払いを行っていくことになり、普通は元金については変わりません。
かたや民事再生では返済計画を立てて裁判所に提出することとなり、それが認められれば元金が減り、残分の返済が始まります。
月々の返済が苦しい時の行動というポイントは重なりますが、一般的には、任意売却は購入した不動産のローンの返済がどうしようもなくなった際にその不動産を売って売却金を返済に費やす事を言います。
それに対し、債務整理というのは返済不可能となった借金を条件に合った方法により整理を行い、完済に向かう事です。
不動産ローンと借金の両方とも事情により支払えないケースもありえるため、そういった人は任意売却と債務整理を両方とも行います。
債務整理で借金を整理するにも、方法の選択肢があります。
元金は減額されなくても延滞損害金や利息の免除で足りるのか、はなから元金の減額が不可欠なのか、金額以前に返済を続ける事がもはやできないのか。
どんな状況なのかによってどの方法が都合がいいかも異なるでしょう。
手続きを自分で行うという手もあるにはありますが、気がかりな事が多い場合は専門知識を持つ弁護士や司法書士がよい相談相手になりますよ。


コメントは受け付けていません。