違法な金利で支払わされた利息

ここで言う過払い金とは、違法な金利で支払わされた利息のことです。
最近まで多くの貸金業者がグレージーン金利と呼ばれる高金利でお金を貸し付けていました。
そのため、融資を受けた人は法定外の利息を払わされていたことになります。
この払い過ぎた分が過払い金です。
もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、今の借金の返済に充てることができるでしょう。
申請したり手続きをしたりという段階になったら、できる限り早期の解決を求めたいと思うのは債務整理を検討している方々に共通することだと思います。
しかし、借金を免除または減額などしてもらうことの承認を得るまで当然ある程度待たなくてはなりません。
債務整理がどういった方法で行われるのか、司法書士や弁護士といった知識を持った人にお願いするのか、もしくは独力で全て手続きするのかなどでも要する期間は変わってきます。
大方、債務整理イコールブラックリスト入りとよく言われているものの、ただ一つ債務整理でもブラックにならない方法として過払い金請求があります。
実際には払わなくても済んだ利息を取り戻しただけのことなので、結果的に完済に至れば事故にはならないでしょうという話です。
と言っても、過払い分が生じていたが金利を引き直してなお債務の残りがあれば、ブラック入りは避けられません。
事故情報が信用機関に保存される期間というのは、大体5年くらいと見込まれています。
金融業者が個人の金融情報をシェアする機関を信用機関と呼びます。
金融業者は、ローンやクレジットカードの審査に伴ってここに個人情報を照会します。
そのため、債務整理をしたら、最低でも5年間は住宅ローンを組むのが相当な高いハードルとなります。
債務整理に臨む時は、注意しましょう。


コメントは受け付けていません。